変額個人年金保険の基礎知識2 通貨分散も視野に入れよう 変額個人年金保険の基礎知識 変額個人年金保険商品の選び方



変額個人年金保険の基礎知識2 通貨分散も視野に入れよう

変額個人年金保険の中には、外貨建てのものもあります。もしまとまった余裕資金があるのなら、挑戦してみてもいいでしょう。

資産運用の基本は、分散投資です。預貯金、株、不動産など、特徴の異なる複数の金融商品に分けて投資することが大切です。同時に、通貨も分散しておくことが、リスクを抑え、リターンを安定的にするようです。

例えば、アクサ生命のドル建て変額個人年金保険「アキュムレータープラチナ」は、一時払い保険料を米ドルで運用する商品です。運用期間経過時に積立金額の最低保証(10年110%、5年おきに5%増加、30年130%)があり、死亡保険金はラチェット型です。保険料払込時や、年金の受取り時に、為替手数料がかかりますが、円安に振れた場合の利益は魅力的です。

通常の変額個人年金保険ではハイリターンを狙えませんが、外貨建ての変額個人年金保険は、増やすことに積極的な人でも満足できる特徴を持っているといえます。

posted by 変額個人年金保険 | 変額個人年金保険基礎知識 徹底理解

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。