変額個人年金保険の基礎知識1 元本保証は2種類ある 変額個人年金保険の基礎知識 変額個人年金保険商品の選び方



変額個人年金保険の基礎知識1 元本保証は2種類ある

変額個人年金保険の元本保証には2つの種類があります。

まず「年金原資保証」の場合は、変額個人年金保険の運用期間終了後に、一時払い保険料分のお金が保証されます。収支のプラス・マイナスにかかわらず、その時点で年金の全額一括受け取りを希望しても、元本が保証されるのです。

一方、「年金受取り総額で保証」の場合、何年かにわたって支払われる年金の受取り総額で元本保証するので、一括受取りは元本保証対象外となります。

つまり元本保証型の変額個人年金保険の場合、運用期間終了時、「年金原資保証」は元本分のお金が用意されていますが、「年金受取総額保証」は、年金受取期間の年数をかけて徐々に用意していく、という仕組みなのです。一括受取り希望の方は、注意が必要です。

なお、年金での受取りを選択しても、「年金原資保証」のほうが少しお得です。受取り期間中の積立金は、一般勘定で運用されることがほとんどです。元本保証型の変額個人年金保険は、運用スタート時、「年金原資保証」のほうが元手となるお金が多いので、年金受取り総額が少し多くなるのです。

posted by 変額個人年金保険 | 変額個人年金保険基礎知識 徹底理解

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。